top of page
  • 執筆者の写真田中

お客様とのエピソード ~引き渡し後の物件~


木材は家鳴り(やなり)と呼ばれる、伸縮音が発生することがあります


こんにちは!

売買事業部の田中でございます。


今回は引き渡し後の物件でのお話です。


今年の夏ごろに、とある物件をお引渡ししたのですが、

つい先日、久しぶりにそのお客様からご連絡がありました。


床が軋む音がし始めて気になる、とのこと。

場所を聞くとそこはフローリングのリフォームを実施した部屋でした。


そんなにすぐ状態が悪くなったりはしないと思うんだけどなぁと思いつつ、

お客様からすればやはり不安だと思うので、最短のスケジュールで現地を見に伺いました。


こういうご連絡があった時はどんな些細なことでも

できるだけ最短最優先で対応できるように心がけています。

レスポンスの速さは誠意の現れだと思うからです。


お伺いしてみると、確かに音は少し鳴っていましたが、

床が弱くなっているとかそういうことは感じられませんでした。


いつごろから鳴りだしたかお伺いしたところ、1か月くらい前からとのことでしたので、

恐らく基礎の木材の季節的な伸縮で鳴っているのであろうことが考えられました。


これは中古に限らず新築でもありえることです。


すぐに駆け付けたことと、実際に私が確認したことで

お客様もひとまずご安心されたようで良かったです。


売主という立場だからこそ、引き渡し後のお客様のケアも

大切にしていきたいと思います。







記事の投稿者

 

【埼玉県の古家・中古住宅専門 】

不動産査定-買取はセゾンハウスへ https://www.sezonhouse-baibai.com/ TEL:048-680-3377  


セゾンハウスの不動産売買


お客様一人ひとりの状況に合わせた、住み替え方法や住宅ローンの組み方をご提案いたします。住宅ローンがご不安な方、他社で一度断られて諦めている方も是非一度、お気軽にお問合せください。直売物件は、物件の買取~リフォーム計画~施工までワンストップ。担当者が全て把握しながら業務を進めております為、物件の特徴・長所を誰よりも熟知しております。中古物件の価値を最大限に有効活用し、より快適で住み心地の良い、唯一無二の再生住宅を皆様にお届けいたします。

Comments


最新記事

bottom of page