top of page
  • 執筆者の写真浦田

住宅ローン検討ポイント!

更新日:5月16日

こんにちは、売買事業部の浦田です。

今回は住宅ローン検討ポイントについてお話いたします!


不動産をご購入される際、多くの方は住宅ローンを借りて 不動産を購入されます。


そのお客様にあったライフスタイルや収入の変化を考慮して、 適切なプランをご提供する為、私がお客様と打合せする内容は 下記の3つを重視しています。


 
  1. 金利の種類

  2. 借入年数

  3. 個人信用履歴の審査

 


1.金利の種類について

【固定金利】

固定金利では住宅ローン借入期間中、金利が一定となり 契約時に決められた金利から増減することがありません。 毎月のランニングコストが一定となり、将来設計を立て易い利点があります。 ただし、次にお話する変動金利よりも金利が高くなってしまうデメリットがあります。


【変動金利】

変動金利では金利が市場の金利変動に応じて増減します。 その為、金利が低い時期には低い返済額で済みますが、金利が上昇すると

返済が増えてしまうため、金利変動に敏感になってしまいます。 毎月のランニングコストが一定ではない為、リスクがあるように感じるとは思いますが、 現在はとても低い金利設定となっている為、総額としては、固定金利よりもかなり返済額を 抑えることができる可能性があります。

この様に金利タイプを選ぶだけでも、借り手が何を重視するかによって、選択が変わってきます。


2.借入年数について


借入年数の上限として一般的な35年のローンを契約する方が多いと感じます。

借入金額の例をあげてみると、住宅ローン3,000万円借りて金利が0.5%、 35年だと¥77,875/月の返済額です。 「35年も借金したくないから、期間を短くしたい」という方や 「新築の賃貸に住んでいるから毎月15万払っているから大丈夫」

という方もいらっしゃいました。 そのお気持ちはよく分かります。


そんなお客様に私がお話するのは、今大丈夫でも5年後大丈夫な保証はありません。 今のライフスタイルが確立されていても、将来崩れてしまうリスクは必ずついてきます。 そんな中、やっと見つけたマイホームの返済を短期間にしてしまうことにより 資金繰りが追い付かず、手放さなければならない最大のリスクを避けるために、 契約時に35年でローンを借りて、余裕があれば毎年繰り上げ返済を実施していただければ、 毎月の最低支払額は変わらず、住宅ローンの残債額を減らせます。

現在は住宅ローン控除という制度もあります。 住宅の環境性能や新築中古によって限度額や、控除期間の違いはありますが、 毎年年末のローン残高から限度額を上限として0.7%所得税から控除される制度です。 その様な制度を活用しながら、繰り上げ返済を実施してみてはいかがでしょうか。



3.個人信用履歴の審査について


個人信用履歴とは俗にいうブラックリストに登録されているか否かということです。 頻繁に滞納を繰り返していると、個人信用情報機関に登録され、 クレジットカードが使えない状態になり、 金融機関からローンを借りることができない状態になってしまいます。 ずっと使えないというわけではなく、借金完済後滞納無く5年ほど経過すると ローンを借りることが出来るようになるのでご安心ください。

その為、不動産の購入の際、個人信用情報が不安な方は予め開示請求を行うと 情報が登録されているか否かを判断することができます。 少額の費用は発生していまいますが、ご自身の状況を確認するきっかけとなりますので、 不安な方は予め実施いただくよう勧めています。 個人信用情報に登録されている状態で住宅ローン事前審査を実施すると、 ローン審査落ちの履歴が期間は定かではありませんが、残ってしまうリスクがあります。

不動産をご購入される際は、担当営業にしっかりとお話をして、 不安無く審査を実施できるように取り組んでいきましょう。


不動産をご購入される際は、上記の様な内容をしっかりと確認することにより、

お客様との信頼関係の構築やスムーズなローン審査の実施につながっていきます。 ご購入を検討しているが不安な方などいらっしゃいましたらご連絡いただければと思います。





記事の投稿者

 

【埼玉県の古家・中古住宅専門 】

不動産査定-買取はセゾンハウスへ https://www.sezonhouse-baibai.com/ TEL:048-680-3377  


セゾンハウスの不動産売買


お客様一人ひとりの状況に合わせた、住み替え方法や住宅ローンの組み方をご提案いたします。住宅ローンがご不安な方、他社で一度断られて諦めている方も是非一度、お気軽にお問合せください。直売物件は、物件の買取~リフォーム計画~施工までワンストップ。担当者が全て把握しながら業務を進めております為、物件の特徴・長所を誰よりも熟知しております。中古物件の価値を最大限に有効活用し、より快適で住み心地の良い、唯一無二の再生住宅を皆様にお届けいたします。

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.

最新記事

bottom of page