top of page
  • 執筆者の写真田中

境界標についてご存じでしょうか?


こんにちは!売買事業部の田中でございます。


突然ですがみなさんは、境界標はご存知でしょうか?

恐らく、「普段何気なく視界には入っているけれど深く考えたことがないもの」の

上位3位には入っているのではないでしょうか。


私は、堂々の第1位でした。

不動産業界に携わるまでは、まったく考えたことがありませんでした。


しかし、不動産を仕事にし始めた途端、

「常にその存在を確かめておかなければ気がすまないもの」の第1位になりました。


変なランキングばかりつくってすみません。


特に売買の場合において、土地の境界は さまざまなトラブルの元になる可能性があります。


割と最近測量が行われたような土地でしたら、 見やすいところに境界標が設置されていることが多いです。


赤い矢印のプレートなど、見たことがある方も多いのではないでしょうか。


一般的なプレートの境界標


しかし、弊社が扱うような20年~30年以上経っている物件の場合、

境界票が地面の表面に出ていなかったりすることが多いです。


コンクリートの下に埋まってしまっていたらどうしようもありません。

しかし、土を掘れば出てくる場合もあります。


例えば、、、



コンクリート境界 ※掘る前


この場所を掘ってみると??


↓↓↓



地中のコンクリート境界

境界票が出てきた!!


普通に生活していて、地面の中にこんなものが埋まっているなんて思いもしませんよね。


私は、こうやって境界標を探し当てた時は、ひとり満足感に浸ってしまいます。

境界標あったーー!!と心の中で叫んでいます。


境界票を設置する年代や市町村によって境界標の種類も違ったりするので、

そういう違いを楽しんでみるのもいいかもしれません。


あまり地面を見すぎていると、変な人に思われるのでご注意ください。










記事の投稿者

 

【埼玉県の古家・中古住宅専門 】

不動産査定-買取はセゾンハウスへ https://www.sezonhouse-baibai.com/ TEL:048-680-3377  


セゾンハウスの不動産売買


お客様一人ひとりの状況に合わせた、住み替え方法や住宅ローンの組み方をご提案いたします。住宅ローンがご不安な方、他社で一度断られて諦めている方も是非一度、お気軽にお問合せください。直売物件は、物件の買取~リフォーム計画~施工までワンストップ。担当者が全て把握しながら業務を進めております為、物件の特徴・長所を誰よりも熟知しております。中古物件の価値を最大限に有効活用し、より快適で住み心地の良い、唯一無二の再生住宅を皆様にお届けいたします。

Comments


最新記事

bottom of page